ライフスタイルのこと(第3回/全3回)

それでは、前回の続きです。

 

4つ目は、食物繊維を摂ること。スーパーフードやサプリメント、すごい栄養素も、体質や体調に合わせて必要な分を補うべきだとは思います。しかしながら、栄養についてはたぶん適切な量があって、それを超えて摂取してもそれほど健康維持には役に立たないんじゃないかとも思うわけです。もしそうなら、そういったものにお金をかけている人ほど健康になると思うんですけど、芸能の方たちの悲報を顧(かえり)みても、そーゆーわけでもなさそうですし。。。そうなると「粗食が良い」みたいになりがちなのですが、時代に合わないという側面もあるので、いいとこ取りの食事を、じぶんの好みに合わせて工夫してはいかがでしょうか。食物繊維にも「水溶性」と「不溶性」がありますが、バランスよく摂るように、と言われています。不足しない程度に、自分に合った量を摂取を意識してみてください。そういった意味でも「野菜をとりましょう」というのは、栄養素的にも、食物繊維的にも、健康には役立つのではないかと思います。

 

5つ目は、食事はちゃんと選んでバランスを意識すること。栄養学のことも頭に入れつつ、過剰にならない程度にして、その中で、糖質、脂質、タンパク質のバランスを意識してみること。それからヒトは、「飢餓、感染症、戦争」に数千年に渡って苦しんできた歴史がありますが、幸運にも現代の日本にはそれらがほとんどありません。ほんとうにありがたいことです。そういう意味でもヒトは「三大栄養素やビタミン、ミネラルを過剰に摂取しなくても、生命維持と健康をある程度キープできる」という構造?設計?進化?適応?していると思われます。そういった意味でも基本的には「食べ過ぎない」という意識を持つこと。そのなかで、どうせ食べるならコレ、みたいな感覚で食べるものを選んでみる。そしてその選び方とバランスは、時代に合わせて、じぶんの体質や体調に合わせて調整すると良いと思うのです。スマートだけどヒトらしい食事を忘れない、っていうことになるのかな。

 

これまで5つのポイントを挙げてみましたが、他にも気になる点はあるけれど、こんなものでしょうか。しかしながら。こうやって書き出しながら編集して校正して整理してみると、あらためてこのブログは「自分に向けて書いている」んだなぁと。長い独り言のようなものですね。笑 もしくは自分との対話の時間なんだろうなぁ。あとで読み返して「そうだったなぁ」と確認するための忘備録になるのかもしれないね。

 

さてと、そろそろ最後になりますが、この連載を、下書き/校正/編集しながら書いているのですが、その合間にネットサーフィンをしていたら、糸井重里さんが「出さないと、入ってこない」ということをおっしゃられていて、「あぁ、ボクがまたブログを再開できたのも、なにかしらの実りがあって、それらを外に出すフェイズにきたんだなぁ」なんて思ったりしました。入力あっての出力、ではなくて、出力あっての入力、なんだと。人間は器やコップのようなもので、空っぽにしないと入る場所がない、っていうことなんだろうか。そういった意味でも、ボクがこうやってブログに出力できているということは、またあたらしいなにかが入ってくるという希望にもなるわけです。どーなるのかなぁ。たのしみに。1年後にはぜんぜん違うことを言っていたりして。あのときのあれは勘違いでした!すみません!なんてね(笑)。もしまちがっていたとしても、ボクなりに動いて、息を吐いて、息を吸っているわけですから、なにかしらのなにかはあるはず!(謎)と思うようにして、ブログを綴っていきたいと思います。

 

もしも人間が器のようなものなのであれば、ハーブやアロマの役割は、その器が割れないように、曇らないように、ピカピカになるように、欠けないように、メンテナンスをするようなものなのかもしれない。もしくは、その器のカタチが本来のカタチを取り戻せるような、心地よく居られる環境、雰囲気、なのかもしれないなぁ、なんて思いました。生きるのは大変だけれど、こうやってボクが息を吐いて吸っている様子をみて、「わかるー!」とか「発見があったよ」とか、ないよりはマシなブログになっていたらと願います。

 

これでこの連載は終了です。お付き合いいただきありがとうございました。

 

*************



 

この投稿が「いいね!」と思ったら
応援の意味も込めてオンラインストアで
お買い物していただけると励みになります

ハーブティーは1袋200円+税〜
送料は188円〜
となっております

在庫の確認やお買い物は↓をクリック

オンラインストアはこちらをクリック

 

*************