にんじんしりしり

っていうのかな。この料理って。うちでは「にんたま」って呼んでいるよ。「にんじん+たまご」だからね。フライパンに油をひいて、にんじんをおいしそうな色になるまで炒めたら、溶き卵を入れてさっと炒めて完成。味付けはしていないよ。さらにうちでは「にんたま丼(どん)」って読んでいる料理があるんだ。どんぶりにごはんをよそって、ごま塩を。そのうえに「にんたま」を乗せて、醤油を2〜3回し。これで完成。シンプルだけどクセになる味だよ。

なぜ「にんたま丼」はこんなにおいしいのか

についてしばらく考えていたんだけど、答えがわかったんだ。それはね。「簡易チャーハン」なんだよね。「にんたま丼」は「混ぜご飯的チャーハン」と言ってもいいかもしれない。チャーハンほどこってりでもないし、あっさりさっぱりしているから、軽い気持ちでさくっと食べたい時にオススメだよ。

 

PRANA CHECK

人参って、漢字で書くとイメージしやすいかもしれないけれど、漢方や薬膳、生薬にもよく登場する漢字だよね。朝鮮人参。高麗人参。シベリア人参。これらには特別な薬効があってさまざまな自然療法で用いられているんだ。ある人の説によると「にんじんを多く食べている村は長寿が多い」ともいわれているんだって。食用というか一般食材としての野菜の人参にもそういった効果や薬効があるのかもしれないね。

そういえば

人参って皮を剥くのかな。ボクはそのままカットして使うよ。気になってちょっと調べてみたんだけど、人参の皮って、土を洗い流す洗浄工程で取れてしまうんだって。だから、市販の土のついていない人参は「皮は取れた状態」なんだって。じゃあいままで剥いていた(あの薄くてピロっとしたやつ)はなんなの?ってなるけど、皮じゃなくて「実」なんだって。・・・まぁ、どうでもいいか。笑

玄米で考えてみる

この前、玄米と麦ご飯の違いを調べている時にネットで見つけたんだけど「玄米を林檎にたとえると、玄米は皮付き林檎。白米は皮むき林檎」っていうような表現があってね。「あ〜なるほど〜」と玄米に対して単純明快に理解できたような気がしたんだ。おっと、この話はまた別の記事で。

 

 

*************



 

この投稿が「いいね!」と思ったら
応援の意味も込めてオンラインストアで
お買い物していただけると励みになります

ハーブティーは1袋200円+税〜
送料は188円〜
となっております

在庫の確認やお買い物は↓をクリック

オンラインストアはこちらをクリック

 

*************