音ハーブ 音楽会

 

4月29日(月)は、プロギタリスト 助川太郎 さんをお迎えして「音ハーブ」音楽会を開催したよ。ほんとうに、とても良い時間だったよ。音楽特有の「音」による「波」が、体に、心に、響いて、細胞をマッサージしてくれているようなそんな感覚なんだ。とくに今回は「生音」だったし、アンプ(増幅)されたスピーカーからの音じゃなかったことが、聞き手の「耳を傾ける」という行為に特別感を与えてくれたようにも思ったよ。

 

さて、今回はこの音楽会を通してボクが考えたことを書こうと思うよ。

 

みんなは

「伝えたい」と思った時に伝えることはできる?

「伝わりたい」と思って伝わったことはある?

 

この「伝えたい/伝わりたい」っていうのは、ほとんどが「気持ち」のことだと思うんだ。ボクはいま「文字」を通して伝えているよね。ほかにも伝え方はあると思う。それこそ音楽だったり、ほかには料理だったり、ファッションだったり、プレゼントだったり。おしゃべりがいちばんおおいのかな。ある歌には「しあわせなら たいどでしめそうよう ほら みんなで てをたたこう」とあるよね。

 

今度は逆に「伝わりたい」って思った時に、みんなはどうやって「伝わったよ」っていう気持ちを表すんだろう。料理を食べたら「おいしいね」とか、プレゼントをもらったら「ありがとう」とか、こんな感じかな。

 

こうやって「伝えたい/伝わりたい/伝わっている」っていうことを考えていくとさ。伝えたい人はわりと多めじゃない?自分のことをわかって欲しい、話を聞いて欲しい、苦しみや喜びをわかって欲しい。一方で「伝わりたい」とか「伝わってますよー」っていうのは、割合としては少ない気がする。

 

仮に素直に「いいですねー」と相手に言葉で伝えても、「ほんとうかな」「偽りじゃないかな」「他に目的があるのかな」なんて疑心暗鬼になりやすい気もする。伝えたはずなのに、伝わってない。心に響いていない。結局は、すべては虚像で、だれとも分かり合えない、なんて深めのダークサイドな気分に陥りがちだよね↓。

 

こう考えると、伝わっているかどうかは、伝えた側本人の気持ち次第、っていう気もするよね。だって、そもそも「気持ち」なんてよくわからないものだし、それがそのまま伝えられたかなんて本人すらも確証は持てないだろうし。もしくは100%伝えられたとしても、そのまま伝わっているのかも不明だし、(勘違いして)100%以上に受け取っちゃう人もいるかもしれないよね。

 

まぁ、こういう「伝えたい/伝わりたい/伝わっている」問題はきっと昔から考えられてきているのだろうけど、これらを考える上で、2つの「杖」を書こうと思うよ。

 

まず1つ目の杖。

アドラー心理学で有名なアドラーさんは、こんなことを言っています。

「馬を水辺に連れて行くことはできるけれど、水を飲ませることはできない」

これはねー。

ボクもいろいろな場面で思い出して考えるんだけどね。

なかなかねー。

わかってはいるんだけどさぁ。

たしかにそうなんだけどさぁ。

おいしくのんでほしいんだけどねぇ。

飲みたくない人に飲ませてもねぇ。

飲んだとしてもおいしいかどうかの真偽はわからないしさぁ。

物陰から飲んでいる姿を一人一人確認するのもねぇ。

しかも「おいしい?おいしいでしょ?」って問い詰めるのもねぇ。

 

 

そして2つ目の杖。

これは平成から令和に変わっていくときに、上皇陛下の特集をしていてね。

「心を寄せる」

ということ。

あのお姿こそが、まさにボクたちが求めている答えであり、行動であり、態度であり、伝わっていると言う証(あかし)なのかもしれないなぁと思ったよ。そういう意味でも日本の象徴として、ボクたちが目指すべき姿なのかとも思ったんだ。

 

 

と、書き進めているうちに思ったんだけど、商人の場合は「また買ってくれた」っていうのが、「伝えたい/伝わりたい/伝わっている」問題の1つの答えのように思ったよ。

 

音ハーブはその場で癒されて「ふわぁ〜」ってなったけど

その余韻でこんなことを考えちゃって。

 

改めていい時間だったなぁと思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

グッズを決めました

 

 

4月からシールを集めてグッズと交換キャンペーンをおこなっていますが、新しい時代に間に合わせるように決めました。

 

グッズA:あなたのブレンド30g

グッズB:精油3mlを2本(当店指定品に限る)

グッズC:個装TB 5袋(お好きなもの)

グッズD:WECK&蓋(当店指定品に限る)

グッズE:せんねん灸セット(マイルド灸&太陽)

グッズF:その時の気分次第(おたずねください)

 

 

プラーナは、みんなに元気でいてほしい、健康であってほしいと思っています。

そのためには「ちゃんと休む」ことが大切だということに思い至りました。

 

「休む」にもいろいろあります。

睡眠、昼寝、小休止、お茶、ぼーっとする、散歩、お風呂、映画を見る、などなど。

 

その休むきっかけとして

ハーブティー、アロマテラピー、お灸、なんかがとても役立つと思います。

 

「ちゃんと休む」ことができると元気が出てきます。

心に余裕が生まれます。

 

心は器みたいなものです。

器に余白ができると

何かを受け入れたりするスペースができます。

 

そこに「喜怒哀楽」が入ってきても

ちゃんと処理できるようになると思うのです。

 

 

そういった意味でも

いろいろな「ちゃんと休む」きっかけになればと思って

6種類のジャンルでグッズを用意しました。

 

たくさんシールを集めて、喜んでもらえたら幸いです。

 

 

 

 

 

プチギフトと新時代の香り

 

アロマのプチギフトをご用意しました。このギフト1つあれば、すぐにアロマができます。精油とディフューザー(芳香器)のセットです。ご予算的には2000円前後、4000円前後となります。ほかにもご予算にあわせてお作りできますので気軽にご相談くださいね。

 

画像のブレンド精油は日本の和をイメージした雅な香りです。新しい時代を感じるのにふさわしいアロマです。

 

ブレンド精油 ジパングヒーリング

境内に繋がる林道、一面畳の大広間、和菓子を包む笹の葉、冬至風呂や、蚊取り線香。
日本のわびさびを感じる香りは、現代(いま)もまだまだ息づいています。
●主な使用精油:月桃(ゲットウ)、柚子、パルマローザ

 

 

たまに店内でも焚いていますが、主張しすぎるわけでもなく、奥ゆかしい香りです。

あたらしい時代の気分を、アロマで感じてみましょう。

 

エナジー風呂

 

お風呂に入れるって当たり前すぎになってしまっているけれど、よく考えてみればすごく贅沢なことなんだよな〜と思うよね。そんな気持ちが「エナジー風呂」という音楽に込められているよ。かっこいいし、時代は風呂。みんなやっぱり疲れているんだよなーって思ったのでした。

 

そんな便利すぎる風呂だって、疲弊して、ストレスに追われていると、風呂すら面倒くさくなってくると思うのです。シャワーで済ませちゃったりとかね。でもやっぱりそこは、浴槽に肩まで浸かって、じわーっと温まって、その日1日の疲れをがなして欲しいと思うのです。

 

そこで「アロマのバスオイル」をお風呂の楽しみに使ってみませんか。楽しみになれば、むしろお風呂に入りたくなるっていうものです。

 

生活の木によると

 

 

 

お出かけする時の洋服を選ぶように、夕食の材料を選ぶように、今日のバスタイムを選びたい。
そんな想いから生まれた、エッセンシャルオイル(天然芳香成分)と植物オイル(保湿成分)類を配合したオイルタイプの入浴剤。ナチュラルな香りをお風呂の湯気と共に感じられます。

花とハーブが盛る庭園と色鮮やかな花びらが目に浮かぶような、色鮮やかなフローラル&ハーバルな香り。内なるキレイを引き出してくれそうな、バラ風呂や花風呂。誰にも邪魔されない、わたしだけの贅沢時間に。

主な使用精油(天然芳香成分)
・ダマスクローズの花びら
・エジプシャンゼラニウム
・ニオイ菖蒲(アヤメ)の根
・カシスの新芽

 

とのことです。

 

GWにどこにも行けない(行かない)方も、おうちでいい時間を過ごせるアイテムになると思うよ。

プラーナは普段からお風呂を楽しみにする生活ができることを応援していきます。

 

癒しの音楽会

 

いよいよ開催されます。癒しの時間が足りない人、おりませんか?

「あ〜、わたしの平成最後の音楽会は、プラーナでのんびり過ごしていたなぁ」なんて思い出にしてみませんか?

平成の疲れを助川さんの音楽で「すぅ〜っと」落として、新しい時代に向けて自分の心を整えてみませんか?

 

 

などと、問いかけてみましたが、ほんとうにほのぼのとした不思議な音がたくさんする音楽会です。

一般的な音楽ライブは、

「名曲をカバー」

「CDに入っているオリジナル曲を演奏」

という感じなんですけど、助川さんの音楽会は

「曲は知らないけど、なんか沁みる」

「目をつぶって聴くと、ふしぎな音がたくさんする」

というかんじで、まさに「音」を「楽」しむっていう場になるんだ。
(うまくせつめいできない。。。)

 

初めて聴く人は、初めての体験をすると思うよ。

こんな音楽会があるんだ、ってね。

もしかしたら

「こーゆーのも音楽だったよね」

と、ボクたちの音楽の原風景を思い起こさせるかもしれない。

 

あんまり書くとネタバレちゃうから具体的にかけないけど、一言で言ったら

「おんがくって、たのしーーー!すごーーーーい!」

ていう感じかなぁ。。。むずかしくなくてシンプルなのよねぇ。

 

参加特典は

・後日開催のアロマワークショップを特別価格でご優待

させていただきます。

 

当日もハーブティーがつきますので、あんまり堅苦しくなく、たのしみにながら、助川さんが奏でる音楽に浸っていってください。

 

音楽のお風呂、かもなー。

(いい表現がーーーでてこないーーー。笑)

 

ほんと、いい時間になると思うから、ぜひいらしてください。

当日はおまちしております。

 

 

 

お買い物のついでにテイクアウト

 

夢の10連休、みなさんどのように過ごすのでしょうか。プラーナはいつも通り。11:00〜16:00。定休日は「火曜日」「水曜日」だよ。初日の今日はあいにくの天気で、秋田市は気温も低くてびっくりだよね。

 

いろいろとおでかけしたり、のんびりしたりと、過ごし方はそれぞれだと思うけれど、普段いそがしくてなかなかきっかけがない人は、気分転換にハーブティーやアロマテラピーをたのしんでみてはどうかな?新商品も入荷したので、気軽にお立ち寄りください。

 

テイクアウトドリンクは300円からご用意しています。お買い物特典として、お会計が2000円以上の場合、喫茶利用またはテイクアウトドリンクを100円OFFにてご利用いただけます。

 

ハーブもチャージして帰っていってくださいね。

 

 

 

 

新作コーディアル入荷

 

あたらしいコーディアルを入荷したよ。今回は夏らしく「ミント&レモン」と、紫外線対策に「ザクロ&アサイー」の2種類を入荷。どっちも「砂糖不使用」で代替糖の「アガベシロップ」で甘さを調整しているんだ。低GIドリンクのわりにしっかりと甘さを感じられるんだ。

 

コーディアルはシロップなので、希釈してお好みの濃さにして飲むんだよ。原液をヨーグルトにかけてもOK!ドレッシングのアクセントにしてもおいしいよ。

 

例えばだけど、プラーナの「サラダハーブ」で下味をつけたお肉に、フルーツソースっぽくコーディアルを使うのもおいしそうだよね〜。

 

母の日などのギフトに

 

アロマストーンとブレンド精油のセット

ギフト用にアロマ用品を組み合わせてみたよ。アロマも精油を買っても使い方がわからないとか、機械がないと、というパターンがあるよね。ボクもその気持ちわかるんです。あげたらスムーズに使って欲しいわけで。そこでセレクトしたのが「アロマストーン」。

 

アロマストーンとは

食器に使用される陶器と同じ素材を使用しているアロマ芳香グッズ。今回用意したのはローズの花をかたどったかわいらしいストーンだよ。付属のサシェに入れて持ち歩くことができるので、出先でも手軽に香りを楽しむことができるんだ。使い方は、精油を数滴ストーンに落とすだけ。あとは自然の熱で香りが漂う仕組みだよ。陶器には細かい穴が空いているから、そこに染み込んだ精油がゆっくりと揮発していくんだ。使い続けていると、ストーンが汚れてくるから、気になってきたらあたらしいのに換えてね。

 

もらったらすぐに使えるからきっと喜んでくれると思うよ。

 

 

 

ネモフィラの丘

 

国営ひたち海浜公園にある「ネモフィラの丘」は日本の絶景ポイントとしても有名なんだって。というのも、この写真は両親が旅行に行ってきたときに送ってくれたもの。ボクはその存在自体を知らなかったけれど、写真がケータイに届いて、画像を見たら「おぉ〜〜」と声が出てしまったよ。これはなかなか見ごたえありそうだよね。ちょうど満開シーズンで、平日にも関わらずすごい人だったようです。実際に行ったことある人いるかな〜。

 

さて、24節句では春の土用となりまして、5月6日の立夏から夏が始まるよ。秋田はよーやく桜が咲いて春らしくなってきたばかりだけど、夏に向かっているんだよね。24節句は15日おきにやってくるんだ。つまり「24×15=360」っていうことなんだよね。逆に考えると、1年を約360日と考えて、それを15日周期で割ると、24節になる。っていうことだよね。この15日は、ほぼ2週間。1ヶ月は月の満ち欠けを基準にするとおよそ28日。なんかこう、だいたい数字が合うんだよね。たまたまの偶然なのか、必然なのか。ミステリー。宇宙の神秘。

 

まだちょっと早いかもしれないけれど、みなさんの春の過ごし方はどうだったかな?ゆっくりできた?いそがしかった?ボクはもうちょっと暖かい気候だったらよかったなぁなんて思って過ごしていたよ。そうはいっても、冬に比べれば日も長くなったし、鳥の声や緑も見えるし。ある意味で孤独なニンゲン生活だった冬に比べたら、草木や小動物と一緒に過ごせるようになったのは、なんかこう、元気をもらえたりして、いいものだなーって思ったなぁ。

 

最近は、朝ドラの「なつぞら」を見たり、アニメ「さらざんまい」を見たり。そうそう、この前は「この世界の片隅で」を見たよ。あれはねぇ。なんていったらいいのかねぇ。すごい時代だったよねぇ。「なつぞら」も戦争〜戦後だしさ。「この世界の片隅で」も同じような時代だし。ボクだったら、あんなの経験したらどーなっちゃうんだろうなぁ。いずれにしてもさ、生きることの大変さ、理不尽さ、ひたむきさ、みたいなところが見えてくるよね。

「なつぞら」に関しては、戦争孤児っていう幼少期の傷があって。でも偶然家族として受け入れてくれる「居場所」があって。そこに馴染めずにいたけれど、よーやく高校3年生になって部活に取り組むことになって。普通に、平凡に、生きられるようになってきたというところなのかなぁ。そうそう、あのドラマを見ていると、じゃがバターが食べたくなる。笑

 

話は戻るけど、ネモフィラはギリシア語で「小さな森を愛する」を意味するんだって。小さな森といえばね、「深層心理」っていうメタファーでもあるんだよね。ほんとうの自分、とかね。素直な自分とかさ。だれしもが、小さな森を持っているっていうことだよね。みんなの小さな森は、どんな森かな。怖そう?不気味?猛獣が住んでる?ゾンビだらけ?笑 できれば、ちょっとした小川が流れていて、小鳥が行き来して、湖があって、動物たちが仲よさそうに暮らしてて。おだやかで、のびのびとした時間が流れているといいよねぇ。ん?それはボクの価値観だって?たしかに。みんなはどんな森かなぁ。

 

そんな「小さな森」だけど、不条理な問題だったり、理不尽な事件に巻き込まれたり、欲望を満たすために偽ったり、がんばりすぎて「小さな森」から離れすぎてしまうと、森が見えなくなって。森を感じられなくなって。

 

ボクは小さな頃からリーダーシップを発揮して率先して発言する子供だったんだけど、大学生になってからはバイトやネットばかりして。そのおかげで、社会人になってから3年は痛い目を見たよね。。。毎日毎日悔しかったよね。言われたことができない。会議の時間を忘れる。ハンコをもらう理由を説明できない。それでもなんとかしたいとおもって、自分なりに頑張って、そしたら4年目くらいからなんとか使えるようになってきて。5年目にはプロジェクトリーダーもやったりして。上司やまわりの先輩にはたくさん支えてもらいながら、自分なりにとにかくがんばったよね。

プラーナを始めてからも、とにかくがんばってきたよね。ぜんぜん知らない職種で、ツテもなくて、知り合いもほとんどいなくて(学生時代の数少ない友人もほとんど秋田にいない)。家族のサポートもありながら、ほぼひとりでやりきってきてね。とにかくずーーーーっと走り続けてきた気がしてね。それがふっと去年、糸が切れたような状態になってね。いままでがんばりすぎてきたのかなーって気づいたんだよね。

 

そんな経緯があって、よーやくボクは「小さな森」に帰ってきたような気がしたんだ。どんな森になってたかって?それはもう、ね。。。手入れしてませんでしたからね。森っていうか、闇ですよね。ひどいもんだよね。

 

そんなことに気がついて、ボクはボクの中にある「小さな森」で「のびのびと暮らしていこう」と思って、9年目のプラーナを育てていこうと思っているんだ。写真のネモフィラの丘だって、ちゃんと手入れしてあるから、こうやって絶景になるわけだし。ボクの小さな森にもこんな丘を作れたらいいなぁと思ったわけでした。

 

というわけで、これからG.W.がやってくるけれど、まずは4月29日の演奏会。これは心の癒しだよね。音ハーブ。すっごくたのしみです。つづいて、G.W.後半にはアロマスプレー作りを企画しています。今年は前代未聞の10連休だからみんなどうなるかわからないけれど、遠くまでお出かけしなくても、ちょっと変わった体験ができるから、思いついたように気軽にきてもらえると嬉しいかな。

あと、うまくけばそろそろ夏向けのアイテムを入荷する予定。今年は「小さな森」にうるおいをあたえるという意味でも、お風呂の時間(バスタイム)をみんなにそれぞれ楽しんでもらいたいなと思っているんだ。なので、お風呂に関する企画も検討中だよ。6月頭にはもしかしたらちょっと変わったキャンドル作りワークショップができるかもしれないよ。これも企画中だからもう少し待っててね。

 

こうやって考えてみると、小さな森を整えるには、ハーブやアロマはとっても役立つなぁと気付かされるよね。今年はいつものハーブやアロマにプラスして「火を使わないお灸」をオススメしていこうかと思ってるよ。相乗効果で健康を育てよう!

 

というわけで、ひさしぶりに長文をツラツラと書いてみたよ。最後まで読んでくれてありがとう。

 

 

今年も無事に咲きました。

 

 

「残念ながら、ことしは桜が咲きませんでした」

なんてことになったら、日本はどーなってしまうんだろうか。

 

ふとそんなことを思いついたら、桜と日本人はもはや切っても切り離せない関係になっているのだなぁと思ったよ。たしか桜の見頃の樹齢は40年くらいだったような気がするのだけど、いま桜の名所となっている桜もちゃんとメンテナンスしてあげないと、次の世代に受け継いで行けなくなってしまうんだよね。秋田市の千秋公園も明治時代に植えた1200本ほどの桜が、いまでは半分程度になっていて、その残っている桜も手入れをしていく必要があるとのことでした。花見花見とにぎわうのもいいけれど、桜の基礎知識もちゃんと学んでおかないと、桜がなくなってしまうということも起こってしまうんだよね。

 

さっきちょっとググってみたら桜についてまとめられている記事があったから貼り付けておくね。

桜を未来に ~ソメイヨシノの寿命60年説は本当か?~
https://sakura.hibiyakadan.com/page.jsp?id=4808545