店先のハーブガーデン

なんてカタカナにしたらたいそうなガーデンみたいだけど、猫の額ほどもないちいさな庭(空き地?)にハーブをいくつか植えているんだ。もっと手入れしたらいいのだろうけど、なかなか手が回らず、基本的にそのままほったらかにしになってるんだ。でもね。ちゃんと毎年、ハーブがでてくるんだ。立派なローズマリーもあったけれど、2年くらい前から姿が見えなくなってしまってね。またいつかもどってくるのかなぁなんて思ったりして。土の性質とかなのかな。

 

風の香り

「風」には香りがあるかな?どうだろう。夕暮れ時の、夕飯の香り?それはそれでまた情緒のある香りだけどね。ボクの中で「風の香り」といえば、ミントの香りなんだ。ペパーミントでも、スペアミントでもいいけど、どっちもミックスされたイメージかなぁ。新緑のさわやかな風。っていう感じ。草原でも、森林でも、海の風でも、なんかどこかにちょっと「ミント」がある気がするんだよね。

 

風に吹かれて

とか、「風になりたい」とか、「風の歌を聴け」とか、「風の谷のナウシカ」とか。風ってなんかこう、いいなぁっていうときがあるよね。「風に当たってくる」とかもいうもんね。

 

お手持ちのミントがあれば

精油でペパーミントやスペアミントがあったら、このブログを見たらさっそく使ってみてね。寝室に焚いてもいいし、キッチンやトイレ、玄関でもOK。たくさんじゃなくて、すこしでいいんだよ。ブレンドするときも隠し味程度につかってみてね。ボクも早速焚いてみようっと。