水出しシリーズ

よーやく春らしくなってきたね。プラーナでは毎年恒例、夏限定の水出しシリーズをリリースしたよ。日頃の水分補給やお風呂上がりにぜひ。ペンギン柄の「ミント&レモン」は胃腸の不調、夏バテなどにオススメ。「ローズマリー&ルイボス」は慢性疲労ややる気、代謝UPにオススメ。

 

G.W.の予定

プラーナは通常通りの営業で「火曜日と水曜日」がお休みだよ。帰省の方、人混みが苦手な方、おでかけせずにのんびりする方、ぜひあそびにきてね。

 

G.W.のイベント その1

東京を拠点に全国各地で活動されているギタリスト「助川太郎」さんの演奏会をおこなうよ。プラーナではもう5回目?くらいの演奏会になるかな。お忙しいところ寄っていただいてほんとうにありがとうございます。

 

 

助川さんの演奏会

ほんとうにすばらしくて、良さをお伝えするのがむずかしいのです。CDともTVとも違う伝わり方があるんだよね。プラーナはライブハウスじゃないから、立派なステージもない。だから助川さんとの距離が近い。これも影響してるかもしれない。でも、ボクは助川さん自体の魅力がそうさせるのだと思っているんだ。フライヤー(チラシのことね)にもあるように「音ハーブ」っていう感じなんだよね。聴く人によって感じ方はそれぞれ違うし。効果効能もきっと「肩こりが!」「かなしみが!」「代謝が!」なんていうように、演奏を聴いている最中や、聴いた後は、なにかしらの「御利益」があると思うんだ。ちなみに前回の演奏会ではボクは号泣してしまって。^^; なぜかはわからないんだけどね。 なんか心のふかーいところに響いたんだろうねぇ。

 

ちなみに助川さんはジャズギターの奏法を完璧に操ります。アメリカの音大「バークレー大学」で学んでおられました。その後、独自のギターの道に入り、いまではブラジル音楽、南米、フォルクローレ、などを中心にオリジナル曲の製作などもおこなっています。一般の人はみたこともない不思議な楽器も操ります。音も不思議です。ときにはジャングルのような、ときには川のせせらぎのような、なんだかいろいろな音がブレンドされて聞こえてくます。

 

音楽をハーブティーに例えるなら

ハーブティーだとリラックス系、アクティブ系、あとはお悩み別、効果効能別、なんかにジャンルが分かれるよね。音楽だって、ロック、メタル、ブルース、ポップス、クラシック、R&B、いろいろあるよね。

助川さんの演奏はね、ジャンルがあるようでないんだよね。それは、いろんなジャンルがブレンドされているからだとおもうんだ。これは助川太郎オリジナルブレンドなんだよね。プラーナだって、ひとりひとりにあわせてハーブをブレンドするよね。

そんな感じで、助川さんは会場の雰囲気とか、お客さんの表情とか、今の自分の気分を、じょうずにその場ブレンドして、いまいちばんおいしい音楽を出してくれるんだ。

 

 

 

 

 

G.W.のイベント その2

くわしくは別の記事で紹介するけど、「スプレー作り」と「ロールオン作り」を行うよ。で、ここでいいたいのは、助川さんの演奏会に参加された方は、G.W.のワークショップを30%OFFでご優待することにしたよ。ぜひこの機会をお見逃しなく。

 

 

 

 

ワークショップの参加にかかわらず、助川さんの演奏会はたくさんの人に体験してもらえたらと思ってるよ。夢の10連休だけど、もし予定が空いていたら、この豊かな時間を一緒にすごしませんか。ご予約いただいた方には粗品をプレゼント。ぜひよろしくお願いします。