三角揚げのからし納豆のせ 春菊を添えて

 

ぱぱっと、鰹節と醤油で食べようと思ったんだけどね。

ラインナップ的に「辛味のおかずがないなぁ」と思って、作ってみたんだ。ふだん、納豆を食べるときは。からしを入れない派なんだけどね。これはとってもおいしかったよ。納豆をソースとして使ったのがよかったのかな。

台所でのおもいつきアレンジだったけど、これは定番化しそうなくらい、じょうずにできたよ。納豆ソースは「からし」「醤油」「味噌」でつくったんだ。ちょっと食べにくいから、れんげをつかって、一口でパクッといくと快適に食べれるよ。

きょうも、のびのびと生活しよう。

 

PRANA CHECK

春菊は11月から3月が旬のキク科の野菜。独特な香りが癖になるね。おもな健康成分は、βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄、葉酸、クロロフィル、ペリルアルデヒド(香り成分)、などが、相乗的に働いて、免疫力を高めて自律神経を整えてくれると言われているよ。

薬膳では「甘味」「辛味」「平性」に分類されているみたい。「苦味」じゃないのがきになったけど、春菊は加熱すると「苦味」が出てくるみたいだよ。ボクは鍋に入っているくたっとした春菊は苦手だけど、さっと洗って生のまま軽く和えたり、サラダにするとおいしく食べられているよ。

春菊の独特の香りも有効成分で、自律神経に作用し、胃腸の働きを良くして便秘や胃もたれを改善する効果があるともいわれているんだ。香りを楽しみにながらのびのびと食事をしたいね。