ボクのこだわりの原点

って、海原雄山と山岡士郎のせいかもしれない、って思ったよ。先日、Youtubeで動画を見ていたら「あの美味しんぼにも登場した◯◯◯◯さんが今日はゲストにきてくれています」っていう紹介があって「美味しんぼ、懐かしいなぁ」と思い出してね。それから何度か美味しんぼのことを少しずつ思い出していたら読みたくなって、気になるタイトルやテーマのコミックだけを購入してきたんだ。「珍味や食の道楽なんでしょ」と思うことなかれ、社会派グルメ漫画という切り口で心に響くものがあるんだ。ときには強引なストーリー展開もあって微笑ましく読んでいるけれど、食べること、おいしいもの、食の思い出、食い意地、などなど「食のチカラ」っていうのがすごいことなんだなぁと改めて思い知らされたんだ。

 

PRANA CHECK

どんなに文明が進化したとしても、食をていねいに取り扱わないと、大変なことが起こるような気がするんだ。いまさらボクがいうことでもないかもしれないけれど、でもこの小さな声が、だれかのはじまりの一歩になるかもしれないもんね。

今日のそのひと口は、だれかが作ってくれた時間や作業からできている。

今日のそのひと口は、じょうずに味が整えられてできている。

今日のそのひと口は、生き物の権利が含まれている。

今日のそのひと口は、森と海の恵みから成り立っている。

どのひと口にも、地球のことがぜんぶ乗っかっている気がするんだ。