器にはあれほど

手を出さないように気をつけていたのに、ついに手を出してしまったよ。世の中には「これをやってしまったらその魅力にとりつかれて、底なし沼のようにひきこまれてしまう」というジャンルの趣味がいくつかあるよね。カメラも「レンズ沼」って言って、一眼レフのレンズに手を出すと、その沼にはまってしまってなかなか抜けられなくなるんだ。そんな「沼シリーズ」には器もあると思うんだよね。器も集め始めたらきりがないし、置くところもないし、そもそもそんなに器を使うのかっていうツッコミも必須なんだけどさ。さいきん、自炊を丁寧に進めることをたのしんでいて、料理について色々調べていたら、ステキな盛り付けの写真を目撃してしまったんだ。「あー!これか!」と気づいて、豆皿や小さな小鉢を集めてみることにしたんだ。

 

PRANA CHECK

野菜中心の食生活をしていると、ボクの場合は技術がないからレパートリーも少ないし、見栄えもじょうずに演出できなくて困っていたんだ。同じような食材で、同じような味付けで、同じようなものを食べる。っていう繰り返しにちょっと飽きてきたのもあるんだよね。これらは「ハレとケ」っていう概念があってさ。何気ない普段の暮らし(=ケ)をいかに彩るかっていうときに「器を変える」っていう方法があるんだね。同じ料理でも、器が変われば、なんか違うんだよね。不思議。で、タイトルには「お皿も食べる」と書いたけど、実際にお皿をボリボリ食べるわけではないから、割れるまではたのしめるのがいいところだよね。小さな器や豆皿の情報があればおしえてね。