2023 → 2024 と、行く年、来る年

「行く年、来る年」とあります。

時間は「行ったり」「来たり」するもの。

2023年は行き、2024年は来る。

2023は GO、2024は COME。

過去は「行き」、未来は「来る」のである。

これは記号的に

「未来 →(来る)→ いまここ →(行く)→ 過去」

と表記できるような気がします。

でも、なんとなくですが

「過去 → 現在 → 未来」

と「左から右」へ、流れていくイメージをお持ちではないでしょうか。

この「左から右」だと、「過去が来て、未来が行く」感じに見えませんか。

この違いは

「自分が時間というレールを移動する」

のか

「時間が自分を移動する」

のか の違いなのかもしれません。

(自分が電車に乗って見ているのか、電車の外から見ているのか)

ピンとこないので、例を挙げると

「地球が回っている(地動説)」

のか

「天体が回っている(天動説)」

のか という違いなのかもしれません。

どうしてこんな話をしているのかは、ボクにもわかりません。

ただ、「1年が終わるな」と思いながらも、ボクにとっては1ヶ月が終わることと大差がないよなと思ってしまったのです。

なんなら、1週間が終わること

さらには、1日が終わること

とあまり変わらない感覚がしたからです。

いつからこんな感覚になったのかはわからないのですが、年末だから急に改まって、1年を振り返ったり、日頃の感謝を述べたりするのが、なんだか(悪い意味ではなくて)滑稽に思えてしまったからなのです。

・毎日、あるいは毎週のように感謝をしている人

・年末だけ感謝をする人

こう書くと悪意を感じるかもしれませんが、事実は事実だと思います。

「年末だけ感謝をしているのではなく、毎日のように思っているんだよ」

という反論も聞こえてくるような気もするのですが、気持ちは伝えないと、伝わりません。

むしろ、行動をしている人の方が尊いようにも感じます。

感じること、思うこと、伝えること、行動すること。

2023年もありがとうございました。

2024年もどうぞよろしくおねがいいたします。


この投稿が良かったなと思いましたら
商品をご購入いただけましたらとってもうれしいです

【 公式オンラインストア 】
 https://herbalcafeprana.raku-uru.jp

【 BASE オンラインストア 】
https://hcp.thebase.in

【 ハンドメイド Creema 】
https://www.creema.jp/c/herbalcafeprana

【 取 扱 店 】
 秋田市エリアなかいち内 JAあぐりんなかいち



ハーバルカフェプラーナの SNS はこちら

友だち追加
この記事を SNS でシェアしてみませんか?