ジンジャーの産地

ハーブティーは、同じ名前のハーブでも、産地によって、味や香りが異なります。

これはハーブティーに限らず

・コーヒー
・紅茶
・緑茶

などの飲み物全般に、産地による風味の違いがあります。

このように、ハーブ、コーヒー、紅茶、緑茶、などは、豆の品種が同じでも、生まれ育った場所によって、味や香りが違います。

さらに、その土地の気候などによっても、製法が異なったりします。

そういう意味でも、現地の農場の風土を知っておくこと、現地の文化を知っておくことは、どうやってハーブやコーヒーが生まれたのかという、出自(生い立ち)を知ることが大切です。

プラーナで取り扱いしているジンジャーは、「スリランカ産」です。産地を指定して取引先から購入することができません。

つまり仕入れ先のメーカーの在庫によっても変わります。

また、同じ産地(スリランカ産)といっても、ロットによって、農地、農園、生産者、も違う場合もあると思います。

ウイスキーのように「シングルモルト」的な扱いをしているのか、あるいは「ブレンデッド」のような扱いをしているのかでも、変わってきますよね。

このような理由から、プラーナからリリースしている「ジンジャー紅茶」も、そのとき仕入れたジンジャーのロットや産地によって、風味が変わってしまいます。

いまのところ大きな違いは生まれておらず、一定の品質のジンジャー(ジンジャーに限らずハーブ全般)が在庫として手元にあります。

スリランカ産のジンジャーは、ピリリとした香りもよく、飲んでみると心地よいパンチのある辛味が特徴です。

このスパイシーな魅力が、ジンジャー紅茶の人気の秘密にあると、ボクは思っています。


この投稿が良かったなと思いましたら
商品をご購入いただけましたらとってもうれしいです

【 公式オンラインストア 】
 https://herbalcafeprana.raku-uru.jp

【 BASE オンラインストア 】
https://hcp.thebase.in

【 ハンドメイド Creema 】
https://www.creema.jp/c/herbalcafeprana

【 取 扱 店 】
 秋田市エリアなかいち内 JAあぐりんなかいち



ハーバルカフェプラーナの SNS はこちら

友だち追加
この記事を SNS でシェアしてみませんか?